YouTuberとして稼いでいきたいあなたに失笑おじさんがアドバイスをしてしまう

スポンサーリンク




YouTubeで稼ぐには…

失笑おじさん
どうも、エンタメシア通信管理人の失笑おじさんです。ウヒヒヒヒ…

今回はYouTuberになって稼いでいきたいという野望を密かに持っているあなたのために私がいくつか助言をしていくというしょうもない記事でございます。

まあこのサイトで紹介するようなことって基本ネタ50%ガチ50%なので実践してからといって絶大な効果が期待できるようなものではないんですけどね初見さん。

それでは早速紹介していくぜ!!!

YouTubeの収益化条件を知る

2018年2月20日、YouTubeにおける収益化に条件が追加され数々のYouTuber達を騒がせました。

その条件とは…

チャンネルの過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間

チャンネル登録者が 1,000 人

というものです。

これによって今までまかり通っていた違法アップロードでの一獲千金がほぼ不可能となったのです。

どういうことかというと、以前まではYouTubeでの稼ぎ方の一つとして、テレビ番組や他人の動画を無断転載してアップし、再生数二桁万回~三桁万回をたたき出し一本の動画で数万円~数十万円を稼ぐというかぎりなくアウトに近いグレーな稼ぎ方がありました。それがこの条件追加によってグレーからアウトに正式に変わったのです。

チャンネル登録者1000人以上という条件があることによって捨て垢のようなチャンネルで違法アップロードしてたとえ再生数が伸びても収益化されませんし、チャンネルの過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間という条件も、仮に登録者が1000人いる状態でいきなりヒット動画をだしてもそれまでの再生数が4000時間に達していなければならないため登録者購入などによる抜け穴をふさいだわけです。

これによりYouTubeで稼ぐには自作の動画を投稿し続けて上記の二つの条件を達成しなければならなくなったのです。

大物YouTuberの下位互換にはならないようにする

よく、大手のYouTuber達から学んでそれを実践すれば良いという意見がありますが、これは私は違うと思います。

既に売れているYouTuber達の真似をしたって結局はそのYouTuberの二番煎じになってしまい、よほど本人に酷似していて尚且つオリジナル性もないと本人に匹敵するチャンネル規模にはならないためおすすめできません。

結局何をやるにも独自のジャンルを開拓してその先駆者になった人が一番強いんです。

大手の真似はNGだが参考にはしたほうがいい

先ほど言ったようにただ真似をするというのは大変なうえに下位互換にしかならないため避けるとして、じゃあまったく大物YouTuber達の長所を取り入れないほうが良いのかと言えば決してそうではなく、ある程度参考にしたりってのは必要だと思うんだよね…

やっぱり底辺YouTuberには底辺YouTuber特有のあるあるなんかがあるように大物には大物なりのなにか共通点があると思うんです。

これからYouTuberデビューして有名になりたい人はぜひ大物Youtuberではなく大物YouTuberを参考にして動画を制作していきましょう!

キッズ向けの動画を作る

基本的にYouTubeという土俵で大ヒットする人たちは皆キッズ向けの動画を作っています。

というのもYouTubeの視聴者層は10代前半~20代前半くらいの若い人が大半だからです。

さらにそのなかでも10代の視聴者はめちゃくちゃ多くて10代にウケなければYouTubeでの成功はないといっても過言ではないでしょう。

日本のトップYouTuberと呼ばれる人たちは基本キッズに受けやすく子供が親と一緒に見れるようなクリーンな動画を制作しています。

それに少し過激な動画を出してもそうしたジャンルはだいぶ前にやられてしまっているため過激さに制限があるYouTubeで過激さを売りにして上り詰めるというのは厳しいためクリーンなキャラで行くほうが良いはずです。

サムネをきちんと作る

基本的にYouTubeに動画を投稿し始めたばかりというのはチャンネル登録者が皆無なため動画を見てもらえるとしたらSNSなどの拡散か他のYouTuberの関連動画からになります。

前者はまあぼちぼち自分でSNSアカウントを作って育てていけばいいのですが、やはり関連動画からの視聴者はとても多いためバカにできません。

そして関連動画に表示されて尚且つ数ある関連動画の中からあなたの動画を選んでくれるためにはタイトルとサムネを工夫するのが一番です。

動画のタイトルに関しては正解がないため独自の個性やセンスにまかせますが、サムネに関して言えば、かならず自作した画像を設定したほうが良いです。

YouTubeではサムネを設定しなくても動画のワンシーンを自動的に切り取ってそれをサムネにしてくれますが、それだとほかの動画より目立たなくなってしまうので、なるべく「面白く」「特徴的に」サムネを作ったほうが良いでしょう。

今はたくさんのYouTuberがサムネを工夫して作っていますから、ちょっとテロップを入れるだけだとか顔出しであれば自分の顔を表示させるだけとかではまだまだインパクトが足りないと思います。

まあこれも絶対的な正解というのはないから個人のセンスに任せるしかないんだけど、何が言いたいかというと王道ありきたりなサムネを使ってもインパクトに欠けるよ!ってことです。

まあ実際にサムネを作って動画を投稿していると「サムネがつまらない」といったような視聴者からのアドバイスがあるかもしれないのでそうしたアドバイスには冷静に対応して今後の活動にいかしていきましょう。まああなたがそのサムネに何かこだわりがあるとかつまらない派の意見が少数派だったりした場合はかならずしもその限りではないけれど…

顔出しはできればしたほうが良い

YouTuberになるんだったら勇気を出して顔を出したほうが良いです。

顔を出すのと出さないのじゃもう全然動画の伸びが違うので、あなたが美男美女なら絶対に顔を出すべきだし、そうでなくとも顔を出して何かをやるというのはあなたを覚えてもらいやすくなるのでやっておいて損はないでしょう。

顔を出したら炎上したとに晒されたり特定されたりするから怖いという意見もわかりますが、最近の特定厨の実力であれば顔を出していなくてもどうせ特定されてしまうはずなので結果は同じです。あきらめましょう。

ジャンルに特化したYouTuberになってみる

これまでに書いてきたようなことをふまえてさあいよいよYouTuberデビューしようとなった時、問題はどんな動画を投稿していくかですよね。

動画投稿を始める前にある程度方向性みたいなもんは決めておいたほうがいいだろう。

「あなたは何系YouTuberですか?」という質問に即答できるようにしましょう。

例えば、料理スポーツ音楽コメディ…等々

何か一つのジャンルに特化したYouTuberの方が適当にいろいろなことをやるよりかは伸びやすいのではないかと私は思います。

最初にひとつジャンルを決めて違うことをやりたくなったらまた新しくそのジャンル専門のチャンネルを立ち上げればいいだけですしね。

最後に…

YouTuberは夢がいっぱいの職業ですが今となってはたくさんの大物たちがいるため上に上り詰めるのは非常に困難です。だからといってやる前からあきらめてはいけない!少しでもやりたい気持ちがあるならまず行動してみよう!!!

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です