衛藤美彩がアンチを「雑音」とぶった切ったことに関する失笑おじさんの見解

スポンサーリンク




元乃木坂46の衛藤美彩が問題発言

 

View this post on Instagram

 

Misa Mail 190303 #衛藤美彩 #etomisa #misa #eto #みさみさ #misamisa #乃木坂46 #nogizaka46

衛藤美彩さん(@etomisa_)がシェアした投稿 –


失笑おじさん
どうも、元アイドル風紀員会 委員長の失笑おじさんです。ウヒヒヒヒ…

先日元乃木坂46の衛藤美彩元メンバーがプロ野球選手の源田壮亮さんと交際していたことを明かし、ネット上では大きな話題となりました。

今まで数々の芸能ネタを取り扱ってきたエンタメシア通信ですが、衛藤美彩さんの件はもうすでに数多くの意見が飛び交っていて、それらのまとめや考察サイトもたくさん出ているため、あえてノータッチでスルーする予定でしたが、この度さらなる進展があったため流石に飛びつかせてもらいました。

それは何かというと…

衛藤美彩さんがアンチからの誹謗中傷に対して「愛のない雑音」とぶった切ったのです。

このことに関してネット上では賛否両論の波があるようなので今回の記事で詳細や考察を述べていこうと思います。

誹謗中傷=雑音なのか?

失笑おじさん
以下、失笑おじさんの見解です。

そもそも誹謗中傷=雑音という意見が正しいのか間違っているのかと言ったら僕は正しいと思うんだけどね…

だって「氏ね」とか「消えろ」とかってはっきり言ってなんも中身がないし幼稚園生でも言える暴言なわけだから何の面白みもないわけでアンチするにしてももう少し工夫したこと言えよって思うし…そのコメントがあることによって内容のあるコメントが埋もれてしまったりするわけだからさ、はっきり言って、邪魔なんですよ!!!

だから衛藤美彩さんの愛のない雑音っていう発言は言葉だけを見れば正論だと思いますよ僕は。

でもここで重要なのは言葉だけっていうところで、少なくとも彼女は乃木坂46という現在も日本のトップアイドルグループとして活躍しているグループの一員だったわけでしかもキャラ的にアンチとバトルしちゃう中井りかのような路線でもなかったわけだから、突然こういうキツめの意見を言っちゃうとそりゃブチギレる人もいるって…

正論…つまり正しいことを言うことがいかなる状況においても最善の選択とは限らないからね。

例えば今回みたいなケースであれば私生活に支障が出るレベルの嫌がらせが出てるわけでもないわけだから普通にスルーしておけばよかったと思うし、仮に嫌ならSNS辞めちゃえばよかったんだよ。

だってあいぽんの毎日とかカツドンチャンネルみたいな大量にアンチがいる奴が衛藤美彩さんと同じ発言してもみんな「じゃあネットから姿消せやカス」って言うっしょ。

少なくとも彼女は乃木坂46時代にはアンチをそこまで相手にしていなかったんだからその時と同じ対応すればここまで炎上したりしなかったんじゃないかと思うんだよね。

衛藤美彩が炎上してしまった原因

そもそも、衛藤美彩さんは正論を言ったのになぜ炎上してしまったのかと言うことを私なりに考察してみました。

★元アイドルという立場上の問題

やっぱり衛藤美彩さんには元アイドルとう肩書きが一生付きまとうわけだし、しかもそれが乃木坂46というビッググループなわけだから卒業してすぐこんな過激な発言しちゃうと現役のファンからしたら「乃木坂46のイメージが…」って思う人もいると思うんだ。

それに彼女は同じアイドルでも中井りかや指原梨乃のようなズバズバ言うタイプでもなかったからいままで大人しかった人がグループの呪縛から解き放たれて突然調子に乗り始めたと捉える人もいるっていうのが炎上してしまった原因の一つではないだろうか。

★熱愛報道直後だから

衛藤美彩さんにもガチ恋のファンは大量にいただろうから熱愛報道があった時点でガチ恋オタクは「は?ふざけんなよ!?」って憤りを感じていたと思う。

それでも多くのガチ恋ファンは自分の感情を押し殺して見て見ぬふりをしてたのに一部の過激な元ガチ恋オタクで現アンチの奴らがしかけた精一杯の抵抗(誹謗中傷)に対してあれだけの正論でぶった切られちゃったらもうそれは怒りが大爆発しても無理はないっしょ。

一度アイドルという立場に立ってしまうとどうしても熱狂的なオタクがついてしまうからそういう人たちのことも考えて行動しないと今回みたに炎上しちゃうよね…

今回の件を受けて今アイドルの人とか、もうアイドルを辞めた人とか、これからアイドルをやろうと思っている人は肝に銘じたほうがいいかもしれないですね。

芸能人とSNS

どうやら衛藤美彩さんが今回の炎上を受けてインスタのストーリーを使って弁解をしたようです。

衛藤はストーリー機能で「雑音」の意味を説明。「何を持って雑音というか説明不足だった」としながらも「たくさん届けられた誹謗中傷、死ねなどのコメント」「芸能人だから許されるのでしょうか」と訴え、「これが私の言う“私を大切に思っていない人たちからの愛のない雑音”なのですが、いくらネットでも死ねとか相手を傷つける、むやみに不快に思うコメントを残していいのでしょうか」と雑音の真意を説明していた。

引用元 http://news.livedoor.com/article/detail/16319797/

どうやら彼女は勘違いをしているようですね。

誹謗中傷は芸能人だから許されるのか?という意見は的外れもいいところです。

・ネット上において暴言を言われることなんて常に想定内でなければいけない。

・基本的に犯罪予告のようなものでなければ罪に問われない。

SNSをやるなら最低限この二つくらい頭に叩き込んでからやるべきでしょうな。

正論だけで生きられるほどネットの世界は甘くない

人に暴言を吐くのはいけないこと…確かにそうでしょう。

「人を不快にしたり傷つけるコメントを残していいのか?」もちろんよくないことだ。

だが、しかし!そんな甘っちょろい考え方でネット社会をイギデイグナ!!!って言いたい!

人を傷つけるのはよくないことだと説いたところで犯罪は0にならないのと同じように、いくら正論をぶつけてもアンチには無効なんですよ。

それどころか反応を示されたアンチは調子にのってもっときついことを言ってくるかもしれない。

そもそも衛藤美彩は源田壮亮と別れる気なんてサラサラない

アンチが何を言おうとファンがどれだけもっともな意見を言おうと彼女はもう源田壮亮さんと別れる気なんてサラサラないと思いますよw

アイドル時代に熱愛が発覚したならまだしも一応卒業後に発覚した熱愛報道だから、ファンからなんか言われても「いやルールは守ってるからwwwキモオタざまあwww」って言われておしまい。

まあ実際のところ乃木坂46に在籍していたころから既に交際していたという説もあるし真相は定かではないんだけども、重要なのは発覚したのが卒業後というところだからね。

時効になった犯人をいくら正論で諭しても「いや俺はもう罪に問われないから」って言われておしまいなのと同じです。

諦めましょう。

衛藤美彩のガチ恋オタクへ

衛藤美彩さんを心底愛しているというガチ恋オタクのみなさん…今回の熱愛報道は非常に辛かったでしょう。

でも、この機会にもうアイドルにガチ恋するのは辞めてみませんか?

わかったでしょう。低スペックキモオタが1万人集まってもプロ野球選手1人には到底かなわないんですよ。

それに、うまいこといって自分が推しの彼氏になれたとしても、今度は今まで仲間だったガチ恋オタク達から総叩きに合うんですから、ガチ恋なんかしてもいいことなんて一つもないし辛いことの方が圧倒的に多いです。

だったらまだオタクを裏切らない二次元の美少女キャラに恋したほうがマシですよ。

「衛藤美彩も所詮一人の女だったか…やっぱ三次の女はクソだ」

とけじめをつけて見ても良いと思います。

最後に…

失笑おじさん
ガチ恋とかほんとバカバカしいしいずれその時が来て辛い思いをするのは自分だってわかってるけど、そんな簡単に辞められたら最初からガチ恋オタクにはならないのも事実だからなあ…

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です