うざいLINEのメッセージランキングと対処法

スポンサーリンク




うざいLINE

LINEを使って友達・恋人・家族などと連絡を取り合っているという人はたくさんいると思います。

一昔前まではメールと電話でのやり取りが一般的でしたが、現在はスマホが普及したことによりプライベートなやり取りはLINEで行うのが主流になっています。

LINEのメリットとして、気軽に遅れたり通話が無料だったりすることが挙げられますが、気軽で使い勝手がいい故にどうでもいいメッセージを送ってきたりだる絡みしてくる人もいます。

今回はそういったうざいLINEメッセージのランキングとうざい奴に対する対応の仕方を紹介していきます。

うざいLINEメッセージランキング

第6位 長文連投

大事な連絡でもないのに長文を連投してくると、いちいち読むのもめんどくさいしその長文に対して自分もそれなりの文章で返さなければいけないというプレッシャーがかかってくるため頻繁に長文を送るような人は周りからうざいと言われていると思ったほうがいいです。

もちろん大事な内容でむしろ簡潔にまとめていはいけないようなケースもありますが、基本的に友達同士のやり取りではあまり長文は送らないほうがよいでしょう。

具体的な数字で表すと、一回のメッセージは200文字未満に抑えておいたほうがよさそうです。

第5位 短文連投

長文の連投はまだ内容があるだけマシです。

短文の連投はつまり「今度の日曜日空いてる?」ではなく「今度の」「日曜日」「空いてる」「?」というように一つの文章を細かくわけて送ることです。

これをやられると通知がうるさいし、縦長になっているので読みづらくてイラっとします。

ある程度小分けにして送るというのは大事なことですが、度が過ぎた短文連投はかなり迷惑なので、友達同士でも控えたほうが良いでしょう。

第4位 スタ爆

LINEにはスタンプという機能があり、それを相手に送ることでコミュニケーションをとることができます。

しかし、このスタンプを連打して1分間で100個とか200個のスタンプを送ると、それはれっきとしたスタ爆になってしまいます。

スタ爆されると、端末に異常な速度で通知音とバイブレーションがくるためスタ爆された側からしたら端末の操作が非常に困難になってしまうためイラつきます。

第3位 おーい

「おーい」と言って何も話さない人がいます。

「おーい」の後にすぐメッセージを送ればいいのに相手の返信が来るまで次を送らないという人ははっきり言ってだるいのでやめましょう。

さらに害悪なケースとして「おーい」→「おーーーーい」→「おーーーーーーーーい」のようにちょっと応答がないくらいで何回も何回も呼びかけてくるものがあります。

「おーい」単体ではそれほどうざくないのですが、次に問いかけるのはせめて1日以上返信がなかったときにしましょう。

第2位 ひま?

突然「ひま?」というメッセージを送られてくるとたとえひまでもその人と話すのがだるくなってしまいますし、もし「ひま?」というメッセージが1時間とか2時間とか前に来ていることに気づいた場合今からなんて返そうかと悩んでしまうためこのメッセージはあまり送るべきではないでしょう。

「ひま?通話しない?忙しかったらごめんね」など少し言葉を付け足すだけで変わるので間違っても「ひま?」だけ送って放置するような真似はやめましょう。

第1位 今何してんの?

「今何してんの?」は仲がいい友達でも結構イラっとしてしまいます。

このメッセージが送られてきた人の多くは(はあ!?ワシが何しとるかなんておんどれに関係あらへんやろうがあ!!!いてまうぞボケえ!!!)と心の中で憤怒しつつ「ひましてるよ~」とか「仕事中だよ~」と無難な返事をしているでしょう。

うざい奴に対する対応の仕方

★無視する

それほど仲が良くない人なら無視していれば相手も自然と絡んでこなくなりますしそのまま関係が終わっても問題ないでしょう。

やはりうざいやつは無視に限ります。

★一言で返す

さすがに無視したらその後の関係が悪くなってしまうしそれは嫌だとう場合、一言で返すことにより遠回しに「うざい」と思っているオーラを伝えられます。

逆に言えば、自分が長文を送った時に相手が短文で返してきたようなら「あ、うざがられてるな」と自覚して次から改善しましょう。

★キレる

なんでも言い合えるような仲なら思い切って「うぜえ!!!!」と伝えてみるのも一つの手です。

それによって喧嘩になるかもしれませんが、仲直りできれば結果的に次からうざいLINEが来なくなる可能性が高いので思い切って自分が思っていることを伝えてしまうのもいいでしょう。

★ブロックする

究極にうざい。うざすぎてやばい。もうこいつとはかかわりたくない。そんな時はLINEのブロック機能を使ってブロックしてしまいましょう。

最後に…

LINEは非常に簡単に、楽しくコミュニケーションをとれるアプリで、とても便利なものですが、時には人とトラブルになってしまうこともあるのでうまく使っていきましょう。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です