高校デビューや大学デビューを密かに企む陰キャ達にアドバイス&忠告

スポンサーリンク




高校デビューとは

高校デビューとは小中学生時代は陰キャラだったのに高校に入学して人間関係がリセットされた途端に突然陽キャに転身しようと頑張ってしまうことである。

高校デビューを狙う陰キャが気を付けること

無理に会話に割り込んでいかない

今までずっと陰キャラだったのに無理して同級生に話しかけても上手くいくわけがないので、めちゃくちゃ話せる俺かっけーとか思い込まずに口数は少なくても良いのでなるべく自然で内容の濃い話ができるように心がけよう。

既に数人でグループができているところに自分から割り込んでいくと割といじめの対象になってしまったりするので絶対にやめるように。

ヤンキーを目指してはいけない

高校デビューも行き過ぎるとただのヤンキーになってしまう。

陰キャがイメージする陽キャというのはどうしてもオラオラ系のイメージが強く、ヤンキーは女性にモテるという謎の固定観念を抱いているため無理してヤンキーになってしまうことがあるが、今まで陰キャでぼっちだった奴が突然ヤンキーになっても不良グループのパシリくらいにしかなれないので注意するように。

DQNグループに入らない

間違ってもDQNグループに入ってはいけない。

パシリにされるだけならまだしも、仲間内で都合のいい存在に思われて犯罪行為を無理やりさせられたり、悪行が原因でネットに個人情報が漏れてしまったりするとそこからの人生がベリーベリーベリーベリーハードになってしまうので絶対にDQNとは関わらないようにしよう。

大学デビューとは

大学デビューとは小中高と陽キャになろうと頑張ってきたけど結局無理だった陰キャが大学という学生最後のチャンスを有意義に過ごそうとまたしても無理して陽キャになろうとすることである。

大学デビューを狙う陰キャが気を付けること

髪をセルフで染めると失敗する

大学に入学するタイミングで今まで校則に縛られて無理だった髪染めを試みる陰キャがいる。

髪を染めるという行為は上手くいけばかなり見た目の偏差値がアップするが、下手をすると逆に下がってしまうという非常に危険な行為である。

特に、市販で500円くらいで売っているハイブリーチをなんの知識もなく自分で使用するとほぼ確実にムラだらけ&プリンの中途半端な金髪野郎になってしまう。

髪染めに慣れている人から見たらださい以外の何者でもないためこれでは大学デビューも失敗することが目に見えている。

スーツで目立とうとしない

大学の入学式はほとんどの人がスーツを着ていくだろう。

その際に派手で特徴的なスーツを着用していき注目の的になってやろうと考える陰キャがいるが、そもそも見た目がヒョロガリメガネorチビデブハゲなのにかっこいいスーツを着たら逆に無理してる感がでてしまい気持ち悪くなってしまう。

そんなことをするくらいならまず髪や髭や眉毛を整えて、ほんのり香る香水でもつけていったほうがマシだ。

間違ってもヴィジュアル系バンドのボーカルみたいなスーツで入学式にでてはいけない。

ウェイ系のサークルに入ろうと思わない

大学では多くのサークルがありどのサークルに属するかによってその先の4年間の大学生活が大きく変わる。

このサークル選びでも大学デビューを狙う陰キャはあえてリア充ばかりのサークルを選んで自分もウェイ系の仲間入りをしようと試みるものだが、小中高と陰キャだった奴が生粋の陽キャ集団に交じって天下をとれるはずがないためほとんどの陰キャはウェイ系サークルに入るといつのまにかいないものにされているのだ。

背伸びして入ったサークルで充実したキャンパスライフをおくれるだろうという甘い考え方ではいつまで経っても陰キャ脱出はできない。

最後に…

高校デビュー&大学デビューを成功させることはバンドでメジャーデビューするくらい難しいと思って、これから高校デビューや大学デビューを考えている人はより一層気を引き締めてやるべきである。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です